同友会、受動喫煙対策をまとめる方針を示す

同友会記者会見-3同友会は1月16日、都内台東区のオーラムで理事会終了後の記者会見を行い、改正健康増進法の施行に伴う受動喫煙対策を3月理事会までにまとめると発表した。
 
同友会の受動喫煙対策については、営業システム委員会の分科会が、昨年1月から主に建物設備対策と情報収集を中心に課題抽出のための議論を重ねてきたが、同法案のパブリックコメントの募集開始に伴って、理事会で正式にまとめる方針を示した。事務局の説明によると、対応内容は設備機器や店内の区画といったハード面での注意事項のほか、構造設備の変更手続きを円滑に進めるためのガイドになるとのことで、金光淳用副代表理事は「ホールが注意すべき事柄を分かりやすく整理して、会員間で情報の共有化を図っていきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.