同友会、改正健康増進法の施行を前にキャンペーン実施

同友会は1月15日、都内台東区のオーラムで1月定例理事会を開催し、4月から施行される改正健康増進法への対応として、3月から1カ月間、「パチンコ店が変わる」をテーマにキャンペーンを実施することを決議した。
 
理事会終了後の記者会見で金光淳用副代表理事は、改正健康増進法施行に伴う受動喫煙対策は、業界にとって必ずしもマイナスだけに作用するものではない、との考えを示しながら、これまでパチンコ店から足が遠のいていた休眠層や非喫煙者など潜在的な顧客が再びホールに足を運んでもらえる来店契機にしていきたい、とキャンペーンの趣旨を説明。「現在タバコの煙や臭いでホールから遠ざかっている見込みユーザーを集客することが目的。ホールの受動喫煙対策によって、やめる人もいるかもしれないが、同友会としては始める人を増やしていくことに主眼を置いている。また、喫煙ユーザーのなかでも4月から法律が変わることを意識している人も少ないので、現ユーザーへの周知徹底も併せて行っていきたい」と述べた。
 
具体的な取り組みとしては、安心娯楽宣言のウェブサイトやパチンコマップサイト、各種ユーザー向けのポータルサイト、ユーチューブなどの動画媒体を活用するほか、店舗での取り組みとして上映可能なスライドショーや動画データ、折込チラシ、のぼりなどさまざまな媒体、販促ツールを活用していく意向だ。場合によっては地域の公共交通機関へイメージ広告の出稿なども視野に入れているという。キャンペーンを展開していくにあたっては、ぱちんこ広告協議会(PAA)や、タバコメーカーなど、なるべく多くの業界団体、企業の協力を得ていきたい、としている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

日遊協 庄司孝輝会長が辞任

2020/7/31

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.