岐阜県遊協総会、依存問題など13項目を重点推進事項に

岐阜総会2019岐阜県遊協は5月24日、岐阜グランドホテルで第58期通常総会を開催し、7議案の審議をはじめ「一般社団法人ぎふ学習支援ネットワーク」に対する全日本社会貢献団体機構助成内定式を行った。
 
冒頭の挨拶で大野春光理事長は、「依存問題については、国民に対して言うべきことを言っていかないと我々の業界はなくなってしまうのではないか、という危機感を感じている。ホールだけはでなく業界全体の問題として取り組んでいるところなので、今期は業界が変わる一年となるように、組合員活動に対する皆さんのご協力とご理解をお願いしたい」と述べた。来賓挨拶では岐阜県警察本部生活安全部の佐名健太部長が、県遊協の推進する社会貢献活動に謝辞を述べたほか、「業界を巡る情勢は多くの課題を抱えているが、各種問題に適切かつ着実に取り組むなど改めて組合員の高いコンプライアンスを実感している。引き続きさまざまな課題に積極的に取り組んで健全化を図って欲しい」と語った。
 
総会の事業報告では、安心パチンコ・パチスロアドバイザーが県内ホールで473名、1ホールあたり3.1人を確保するなどカバー率100%となっていることなどを報告。事業計画では、依存問題に向けた諸施策の推進をはじめ13項目の継続的重点推進事項を挙げた。また、専務理事を6年間務めた舟口信一郎氏が勇退し、新たに内藤典夫氏が就任した。

総会後には岐阜県警察本部生活安全総務課の稲田剛司課長補佐が講話し、法令遵守の徹底や依存問題対策、不正改造、広告宣伝規制違反の絶無などを要請した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.