茨城県遊協が通常総会を開催

茨城県遊技業協同組合は6月5日、水戸市内の水戸京成ホテルで第34回の通常総会を開催した。

議案審議に先立ち挨拶に立った徐錫昊理事長は「我々はファン人口の減少や、若年層のホール離れの要因を景気や円高、あるいは機械代の高さとしてきた。もちろん問題ではあるが、意識を変える必要がある。『自分だけが生き残ればいい』という発想でやってきたが、業界が無くなる危機に瀕している。自分のホールも大事だが、業界を生き延びさせるかを皆で考えなければならない」と語ったうえで、「業界のために皆で決めたことは守る意識が必要ではないか。業界発展のために様々な模索を行う一年になるが、今回の総会を意識改革の契機としてもらいたい」と組合員に呼びかけた。

議案審議では上程案件全てを承認。理事の定数について、ホール数減少などを考慮し、「30名以上、37名以内」を「20名以上、30名以内」とする定款の変更を可決したほか、中途退任に伴う役員の選出では李義政氏の理事就任が承認された。
 また、総会に先だっては、優良従業員の表彰式のほか、福祉基金の贈呈式を開催。茨城新聞福祉事業団、日本赤十字社茨城県支部、茨城県福祉協議会の3団体に徐理事長から福祉基金が手渡された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.