遊技産業健全化推進機構は5月18日、機構本部会議室で定例理事会を開催した。
 
当日は理事8名、監事2名、事務局3名の合計13名が出席。決議事項では、第14期(2019年)事業年度における事業報告と貸借対照表、正味財産増減計画書、財産目録について審議を行い承認可決された。また、事務局から依存防止対策調査についての報告も行われ、今年1月から3月までの調査結果についての概略説明が行われたほか、今回の結果を依存防止対策調査実施要項に沿ってパチンコ・パチスロ産業依存対策有識者会議などに提出することも確認した。
 
報告事項では検査部の活動報告が行われ、2019年4月1日から2020年3月31日までの1年間に、全国51都府県方面の2,841店舗に立入を行い、パチンコ遊技機9,447台、回胴式遊技機1万435台、玉計数機297台、メダル計数機25台の検査を実施したことなどが報告された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.