都遊協理事会 町田市の組合員ホールの資格停止処分を決議

東京都遊協は1月27日に開催した定例理事会で、組合員の資格停止に関する規約に基づき町田市内の組合員ホールを180日間の組合員資格停止にすることを決議した。

理事会は遊技会館の大会議室とリモート会議で行われ、理事総数76名中56名が出席。理事会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、「本日は重要な議決事項がある。去る1月15日の全日遊連理事会での警察庁保安課・小堀課長の講話の内容をしっかり読み込んでいただければ、今回の議決に関しては、当然のこととご理解いただけると思う」と述べた。

また、新型コロナ感染拡大防止の緊急事態宣言に触れ、「健全化センターによると広告宣伝指導に従わない店舗が増えている。警察庁から内閣官房よりパチンコ店の時短営業についての確認の指示があったということで問い合せがあり、当然ながら警察庁には、業界として広告宣伝自粛に協力をしていると報告している。その内容は内閣官房にも伝わると考えているが、そのときに、都内で守っていない店舗が多く見られるとどうなるか。現状の時短協力の呼びかけから、いきなり措置法に基づく時短要請となったら業界を守れるのか。自分で自分の首をしめるような宣伝広告についてはぜひ再考していただき、もうしばらく広告宣伝の自粛を徹底していただきたい」と協力を呼びかけた。

議案審議では、町田市内の組合員ホールの組合員資格停止の件を上程。昨年5月のパチンコ・パチスロ産業21世紀会が決議した「旧規則機の取扱いに関する決議」と昨年7月の都遊協理事会で決議した「旧規則機の取扱いに関するパチンコ・パチスロ産業21世紀決議の承認」に違背して、撤去期限を経過した高射幸性回胴式遊技機「ミリオンゴッド-神々の凱旋-BD」「戦国コレクション2KS」を撤去せずに稼動させたとして、都遊協「組合員の資格停止に関する規約」の資格停止事由に該当するかどうかを話し合った。席上、倫理委員会の小島豊委員長が上程の主旨を説明し、安藤薫専務理事が当該店舗の現状や資格停止に関する規約の該当事由、組合運営への支障、組合による撤去要請や勧告等の手続きを説明した。

当日は当該企業から弁明の出席はなく、当該企業から届いた弁明書に代わるものを事務局が代読。その後、理事からの質疑を経て、出席理事56名全員の賛成で原案通り可決・決定した。資格停止期間は2021年7月25日までの180日間。

当該店舗は昨年11月の都遊協理事会で、21世紀会決議による撤去期日後も「押忍!サラリーマン番長 俺に日本は狭すぎる」「パチスロ黄門ちゃま喝」といった高射幸性機の設置を続けていたことが、都遊協で定めた規約の資格停止事由に該当するとして60日間の組合員資格停止処分を受けていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.