都遊協が「組合まつり in TOKYO」にバーチャル出展

東京都遊協と全日遊連は、東京都中小企業団体中央会の主催で1月26日から始まった「組合まつり in Tokyo」のオンライン開催に参加した。ヴァーチャル空間でのブースでは、パチンコホールにおける新型コロナウイルス感染症対策や依存問題対策といった一連の取組みを紹介。どちらも関連の資料をダウンロードできるようにしているほか、全国遊技場青年部連合会が制作したホールにおける換気実証実験の動画を視聴できるようにしている。

イベントは2月25日まで開催。都内をはじめとする全国の中小企業組合から出展を募り、組合の知名度の向上、新たなビジネスチャンス・ビジネスマッチングの創出、地域の魅力発信、さらにはインバウンド需要獲得などの場として開催しているもので、今回で4回目を迎える。これまでは実際の会場で行っていたが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から初のヴァーチャル空間によるオンライン開催にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.