福島県を中心に店舗展開するニラクは8月24日、福島県須賀川市で開催された花火大会にあわせて「ニラク須賀川店」を休業し、市の行政関連部署と協力しながら、店舗の敷地と駐車場を花火の観覧スペースとして地域住民らに無料開放した。この取組みは、同店がオープンした2002年以降、毎年行われているもので、今年で17回目を数える。
 
敷地内では「ハッピータイム夏祭りin須賀川」と題して、プロバスケットボールチームの福島ファイヤーボンズによるパフォーマンスやミニゲーム、須賀川市が誇るヒーロー、ウルトラマンとの握手会や撮影会のほか、同社の従業員が運営する屋台や縁日、24時間テレビチャリティ募金活動なども行われ、地域の人々との交流を深めた。また、花火鑑賞時の従業員用スペースには、地域の社会福祉施設から48名を招待し、ニラクの従業員や家族とともに迫力ある花火を鑑賞した。24時間テレビチャリティ募金活動で集まった10万9,003円は、福祉車両などの購入にあてられるほか、屋台収益金の一部となる28万1,000円は、須賀川市産業部商工観光課に寄付された。

ニラク須賀川店の田口裕史ストアマネジャーは、「普段とは違った会話やふれ合いを通して、お客様や地域の方々、従業員と楽しい空間を体感することができました。今後もこのようなCSR活動が、地域を『明るく 楽しく 面白く』していくことを目指し、一つ一つ誠実に継続して取り組んで参ります」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.