マルハン、第3回全国接客コンテストに29名が参加

接客コンテスト参加者マルハンの「第3回マルハン接客コンテスト全国大会」が2月7日、都内新宿区で行われ、エントリーしたマルハンスタッフ1万521名の中からエリア大会、ブロック大会の予選を勝ち抜いた29名がこの日の全国大会に参加した。この取り組みは各店舗で働くスタッフの接客レベルの底上げを目的としたイベントで今回で3回目となる。

コンテストは新宿区内にある「マルハン新宿東宝ビル店」で実施され、パチンコ、パチスロの各コーナーの玉積みをはじめ、来店客への対応、景品カウンターでの接客など、他のスタッフと連携を取り合いながら日頃の接客技術を競った。

京王プラザホテルでの表彰式では、上位7名が「神7」として表彰され、このうち北海道の「マルハン苗穂店」の寺田未来(社員)さんが見事にグランプリに輝いた。なお入賞者の内、過去2大会で入賞を果たしたスタッフは殿堂入りし、同大会を卒業。今後は全国大会の審査員や新卒者を対象とした研修会の講師など、活躍の場を拡げる。

大会を振り返った韓裕社長は「本当に素晴らしいスタッフに恵まれたと感じた。皆さんはまさにマルハンの宝物だ。これからもお客様に新しいマルハンの価値が提供できるように、ともに歩んでいきましょう」と参加者へ呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.