エンビズ総研が略称をEBIに統一、ホール向けサービスも一新

エンタテインメントビジネス総合研究所ではこのほど、同社の略称を従来のエンビズ総研からEBI(イー・ビー・アイ)に統一すると発表した。また、ホールの成長に貢献するためにDX(デジタルトランスフォーメーション)に取組み、サービスの一新を図る考えを明らかにした。
 
パチンコ業界の発展のためにはDXが不可欠との観点から、セミナーや研修をオンライン化し、受講者は会場に移動する負担もなく、普段利用しているパソコン、タブレット、スマホなどで視聴できる環境を整える。また、過去に実績のある研修内容を短時間にまとめた講義動画「EBIeラーニングシステム」も提供。これまで蓄積してきた講義動画をすべて閲覧可能にし、役職別に必要な講義動画をピックアップして視聴できるメニューや人材・教育担当者向けに受講者の視聴状況を管理する機能も搭載されている。
 
同社では「サービスの一新に併せて弊社の略称をEBIに統一するとともに、パチンコ店向けサービスにもEBIを冠することといたします。EBIでは今後も教育、研修に限らず、様々な商品・サービスを展開していきますので、弊社の活動にご注目ください」としている。
 
新体制となった同社の第一弾研修「必要火急!ホール企業の労務管理」を2月25日に開催し、チーフコンサルタントの竹部裕樹氏がWeb会議サービス「Zoom」を使った講義を行う予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.