ニラクが昨年に続き「依存対策啓発セミナー」を主催

福島県を中心に店舗展開するニラクは11月8日、郡山市内の同社研修センターで依存対策啓発セミナーを開催した。セミナーは、「ぱちんこ事業者が行う依存対策と地域の支援・取組みについて、互いに共有する場を目指す」という趣旨で開催しているもので、昨年に続いて2回目。当日は、業界関係者や依存問題に関わる有識者、地域支援に携わる一般から約80名が参加した。
 
冒頭、挨拶した同社取締役経営企画本部の大石明徳部長は、「当社は依存対策をCSRの一環として捉え、予防とセーフティネットの構築を地域との連携のなかで進めたいと考えている。地域の方々がどのように受け止めていけるかを考える機会にしたい」と語った。
 
セミナーは二部構成で行われ、第一部では同社法務部の武田裕明氏がパチンコの基礎知識や業界が取組んでいるのめり込み対策などについて解説。第二部では、福島県精神保健福祉センターの佐藤民子氏、郡山市保健福祉部の宗形敏広氏、郡山市障がい者基幹相談支援センターの佐藤清一郎氏らが、地域支援の取組みなどを紹介した。セミナーを総括したニラクの諸田英模取締役は、「依存問題は業界内のみならず、行政や地域の方々と一緒に包括的な関係を構築して取組んで行きたいと考えている。このような取組みが、依存問題対策の一助になればと思う」と述べるなどした。
 
参加者からは、「5年前、10年前、それ以前に比べるとぱちんこ業界が変わってきたと感じている」「利用者や家族の希望で、従業員の方から声掛けを行ってもらえることはとても心強い」といった感想が寄せられたほか、相談機関の関係者からは「利用者の辛さや葛藤に寄り添えるように、使える制度をできるだけ紹介していきたい」などの意見が寄せられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.