パチンコ博物館で「第2回エヴァンゲリオンファンイベント」を開催

首都圏で「ガーデン」を展開するガーデングループの関連会社で「複合施設ガーデンシティ北戸田・パチンコ博物館」を運営する遊空間研究所は2月9日、同博物館で「エヴァンゲリオンファン特別試打会」を開催した。
 
2回目となる今回のイベントは、歴代のスロットエヴァンゲリオンシリーズ15機の展示に加えてフィールズとのタイアップにより3月に市場導入される新機種「SエヴァンゲリオンフェスティバルR」の機種説明や試打会を行ったほか、ARフォトフレームを使った写真撮影サービスやノベルティグッズ抽選会も実施して100人を超える来場者が訪れるなど盛況ぶりをみせた。
 
イベントを主催したフィールズの担当者は、「前回に引き続き今回のイベントも多くのお客様に来場いただき、とても嬉しく思っている。スロットやパチンコに関わるファンイベントをこれからも続けて行き、これまで触れたことない方へのよい機会になればと思っている。また、他のメーカーと合同でイベントを開催するなど、ファンを増やす取組みを続けていきたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.