マルハン、インターンシップ最終選考会に57名の学生が参加

マルハンは11月8日、大学生・短大生を対象とした宿泊型インターンシップ「戦国浪漫〜道なき道を切り拓け〜」の最終選考会を、都内中央区のAP日本橋で開催した。
 
このインターンシップは、参加した学生たちにマルハンの採用コンサルタントに扮してもらい、来年度の合同説明会を企画・実施するというもので、プレゼンを通して社会人として必要な「理解する力」「人を感化する力」「人前でプレゼンする力」を養ってもらうことを目的としたもの。6回目となる今回は、4,000名を超えるエントリーのなかから選考会を勝ち抜いた5チーム、57名が最終選考会に参加した。
 
約30分間の持ち時間でプレゼンを行った各チームは、マルハンのブランド力や、「挑戦」「ヨロコビ」といった経営理念に基くワードを用いながら、さまざまな企画やアイデアを提案。同社の魅力を通じて効果的な採用アプローチを披露した。選考会では「永劫回帰」というスローガンを掲げてマルハンの魅力を分かりやすく提案したチーム「綾鷹」が見事、優勝に輝き、韓社長から記念の賞状を受け取った。チームリーダーの亀田健人さんは「こういった場を提供していただいたマルハン幹部社員やメンターを担当していただいた原口さん、そして仲間のみんなに感謝したい」とお礼のコメントを述べた。優勝チームが提案したプレゼンテーションは来年度、マルハンが出展する合同企業説明会において実際に活用されることになる。
 
大会を終えて学生たちにねぎらいの言葉をかけた韓裕社長は「今大会では皆さん方に当事者の側に立って、人に伝え、そして人を動かすという難しいテーマでプレゼンをしてもらった。今日の提案を聞きながら、我々もマルハンのビジョンを実現するために、たくさん感じるところがあった。これから社会に出る皆さん方にはこの日の経験を活かし、自身の人生を切り開いていってもらいたい」とエールを贈った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.