マルハン全店で自己・家族申告プログラムを導入

遊技場経営最大手のマルハンは依存問題への取り組み強化の一環として、4月1日から経営する全店(319店舗)に自己申告・家族申告プログラムを導入したと発表した。

同社はこれまで、44都道府県、45店舗において自己申告プログラムを導入してきたが、依存対策をより積極的に進め、「予防」に注力するために今回の全店導入に踏み切った。同社は日遊協会員としてパチンコ・パチスロ産業21世紀会が進める取り組みに積極的に参画しているほか、合田観光商事、ダイナム、ニラク、夢コーポレーションとともに依存対策についての共同宣言を行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2019採用意欲3

3月のホール企業採用熱、4か月連続で上昇

2019/4/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.