兵庫県は5月1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休業要請していたパチンコ店3店舗に対し、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく休業指示を行った。県が休業指示したのは、「フェニックス新在家」「フェニックス摩耶店」「フェニックス長田店」でいずれも神戸市内。措置法に基づく休業指示は全国初。

県は4月27日付で県内のパチンコ店6店舗に対して、特措法45条2項による施設の使用停止要請を行い、店舗名を公表。翌28日に1店舗を追加し、計7店舗に休業要請を行っていたが、5月1日時点で4店の休業を確認し、今回、営業を続ける3店に休業指示を適用した。指示は法的に従う義務が生じるが、罰則はない。井戸敏三知事は1日の午前、報道陣に対して当日も営業している店舗には指示の文書を交付する考えを示していた。

1日夕方からの記者会見で井戸知事は、「全国初といわれているが、要請に応えていただけないので法に基づいて行政処分としての指示を出した。明日以降、ぜひ協力してほしい」と述べるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.