神奈川県が休業要請に応じないパチンコ店6店舗を公表

神奈川県は4月28日、同日正午までに行われた現地調査を踏まえ、休業要請に応じていないパチンコ店6店舗を特措法45条第2項に基づき公表した。特措法に基づく、自治体によるパチンコ店名の公表は、大阪、兵庫に続き3県目となる。

公表された6店舗は、
アマテラス(横浜市保土ケ谷区)
スロットステラ横浜店(横浜市西区)
JUMBO(横浜市港南区)
ピーファン六浦店(横浜市金沢区)
オークラ武蔵中原店(川崎市中原区)
PLEASURE LAND YELL ISEHARA(伊勢原市)

同日会見した神奈川県の黒岩祐治知事は、「神奈川県のパチンコ店470店舗のうち、ホームページ上で休業が確認できなかった98店に電話確認をとったうえで、87店舗に事前通知を送付し、あらためて休業をお願いした。昨日、これら店舗の現地確認を行った結果、18店舗営業していたが、うち12店舗は28日から休業するという話があった」と、ここまでの経緯を説明。さらに、今後もこれらパチンコ店が営業を続けた場合には、専門家等の意見を聞いた上で、特措法45条第3項に基づく休業の「指示」を、速やかに実施していく考えを明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.