ZENTアートミュージアムで「NEO HOKUSAI展」

善都が経営する「ZENT 名古屋北店」併設の「ZENTアートミュージアム」が1月14日から「NEO HOKUSAI展」としてリニューアルした。
 
「NEO HOKUSAI展」は国内外で作品を発表するクリエイティブユニット「エンライトメント」が、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の作品に現代アートの視点を取り入れ、新しい魅力を生み出す作品展で、今風にアレンジしたファインアートの世界が体験できる空間になっている。
 
エンライトメントを起用した今回のリニューアルについて、善都では「新たな色彩やテクスチャーは理屈や時代背景を超え、現代に生きるわれわれの感性と呼応し、美しさや驚きを与えてくれます。また、会場を覆い尽くすサイズにまで巨大化させた作品イメージの装飾は、眼だけではなく身体でも作品を体感でき、会場外からはパブリックアートとして違った魅力を感じることができます」としている。
 
エンライトメントはヒロ杉山氏、タナカノブコ氏、中島友太氏、吉田真由氏、角田麻有氏からなるクリエイティブユニットで、国内外でさまざまなアート作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども展開。グラフィックデザインや広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表し続けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.