東和アミューズメントが深夜業務短縮で「24時帰宅」を実現

首都圏を中心に「UNO」「DUO」「FRESCO」の3ブランドでパチンコホールを展開する東和アミューズメントは働き方改革の一環としてスタッフを24時までに帰宅させることを目標としたプロジェクトチーム「シンデレラプロジェクト」を発足し、全社で深夜業務を大幅に削減したことを発表した。
 
プロジェクトでは、「見直し(なくす)・効率化(減らす)・分配(うつす)」を合言葉に、全店舗の1日の業務内容を時間帯に分けて可視化することで、これまでは閉店後にしか出来ないと思われていた業務を翌開店前までに実施する業務に再分配した。その結果、2019年11月時点で全店舗の深夜業務時間が月間9728時間だったものが、今年2月には6800時間と約3000時間の削減が見込める状況になるなど閉店後業務の大幅な削減に成功し、当初の目標だった「24時帰宅」の実現が可能になったという。
 
同社では、「コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、終電時間の繰り上げや営業時間短縮、感染症拡大防止策への対応が求められている。働き方改革と合わせた時間短縮はホール企業にとっても喫緊の課題の一つとなっているが、コロナ禍や旧規則遊技機撤去による業績低迷のなかでも仕組みを変えることで深夜業務の短縮は可能であり、スタッフの充足感の向上やコスト削減にもつながる」としている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年8月号

主な記事:

ギャンブル等依存症対策関連業種の「パチンコ一人負け」状態続く
出玉性能は依存の原因とはいえない「依存対策=業の疲弊」の構図からの脱却へ

エリアレポート・厳しい競争に晒され駅前ホールが極端に減少
長期の業況悪化にコロナ禍 京浜東北線沿線「浦和3駅」の変貌

インタビュー/日本遊技機工業組合 榎本善紀理事長
管理遊技機市場投入は来年4月を目処にプラスアルファ搭載で検討

インタビュー/余暇進 佐藤正夫新会長
憩いの場としてのパチンコの役割と原点を意識し時代に合わせた対応を

遊技通信創刊70周年記念対談 ・ 全商協会長 中村昌勇氏

令和3年度日遊協総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

社会貢献大賞表彰式、石川県遊協と金沢支部が合同で受賞

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.