NEXUSフェンシングクラブ所属の敷根崇裕選手が3月28日、カタール(ドーハ)で行われたフェンシング男子フルーレグランプリ大会で準優勝を果たし、東京オリンピック代表選手に決定した。NEXUS所属のオリンピック出場選手は4大会連続になる。
 
NEXUSでは2009年に「NEXUSフェンシングチーム」を創部し、スポーツ選手を社員として雇用。以来、2012年ロンドンオリンピックに同社所属の淡路卓選手、千田健太選手(当時)が国内フェンシング界で初となるフルーレ男子団体において銀メダルを獲得するなど、国内外の世界大会で実績をあげてきた。また、選手支援を多年にわたって継続していることに対して文部科学大臣スポーツ功労団体の表彰や、「JOCスポーツ賞トップアスリートサポート賞」(日本オリンピック委員会)を受賞。2019年には日本初となる民間の本格施設「NEXUSフェンシングクラブ」を都内練馬区中村橋にオープンし、世界基準の選手育成に力を入れている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2022年1月号

主な記事:

騒音障害防止対策ガイドライン見直し
「遊技場の顧客対応作業」も対象か

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.