新潟県遊協、福祉車両購入費として400万円を寄付

福祉車両の前で関係者らが記念撮影

新潟県遊協は新潟共同募金会を通じて、県内2カ所の障がい者施設にリフト付き移送用福祉車両の購入費として400万円を寄付した。11月2日、市内の新潟ユニゾンプラザで新潟共同募金会主催による車両助成交付式が行われ、それぞれの施設代表者へ目録が贈られた。
 
交付式に来賓として出席した新潟県遊協の佐藤孔一理事長は、「障がい者支援施設を対象にした助成交付は今回で10回目だが、皆さんの喜ぶ顔や時々街中で福祉車両を見かけると嬉しく思う。交付金は組合収益の一部ではありますが、皆さんのお役に立てれば幸いだ。どうか末長く使用して欲しい。昨今は新型コロナの影響もあって健全な余暇を提供している私たちも厳しい営業を強いられているが、これからも地域貢献活動には力を入れていきたいと思っている」と挨拶。今後も地域貢献活動を推進していく考えを述べた。
 
また、交付式を主催した新潟共同募金会の小田敏三会長は「福祉車両は高額だが、障がい者支援施設にとってなくてはならないもの。毎年県遊協さんから支援を受け大変感謝している。受領者の皆さんにおかれましては是非有効かつ大切に使っていただきたい」と県遊協へお礼の言葉を述べるとともに、受領施設へ車両の有効活用を呼び掛けた。今回、車両購入費を受領したのは、県下の社会福祉法人新潟市中央福祉会「ワークセンターひがし」と、社会福祉法人ひめさゆり福祉会「らいふ・すていしょん」の2施設。各代表者は主催者である新潟共同募金会の小田会長から目録を、佐藤理事長からレプリカのゴールデンキーをそれぞれ受け取った。
 
新潟県遊協では社会貢献活動の一環として昭和53年に福祉施設への寄贈・寄付事業をスタートさせ、平成14年から共同募金会を通じて車両購入補助金として寄付活動を実施。さらに平成24年からは、より財政基盤が脆弱な障がい者支援施設を対象に高額車両の助成交付を続けている。その累計額は今回の分を含め約1億7,400万円に上っている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.