アミュゼクスアライアンスが定例セミナー

セミナー全景アミュゼクスアライアンスは8月20日、都内港区のNNスペースで月例セミナーを開催。同アライアンスの田守順代表、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、ピーエスプランニングの渥美公一代表が講演した。
 
第一部で「業界最新情報」をテーマに講演した田守氏は、「レジャー白書」(日本生産性本部)や、「DK-SIS白書」(ダイコク電機)、「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省)など、各所から発表されている業界関連データを解説。「総合的に判断するといずれのデータもここ数カ月で底打ち感が示された。参加人口でいえば900万人、設置台数で400万台、店舗数で7500店前後で、業界市場は今後、このあたりで安定していくのではないか」との見通しを示した。田守氏はマーケットの安定化はこれから本格的に新規則機の移行するホールにとって経営計画・戦略が立てやすくなる、とする一方で「限られた市場のなかで熾烈なシェア争いが展開されていくことにもなる」とした。また、設置台数、店舗数については、「大手企業が中心になって進めているM&Aの展開に注視すべきで、特に中小企業は寡占化の波に巻き込まれない施策も必要だ」と述べるなどした。第二部では、高橋氏が矢野経済研究所でまとめた集計をもとに7月の新店情報を報告。「7月は例年出店数が多く、過去には20店舗以上が出店した年もあったが、今年は前年の7月と比べて5店舗少ない5店舗に留まった」と説明した。このなかで大きな動きとして、アンダーツリーが今年10店舗目となる新店「グランドキコーナ堺店」、ノヴィルフロンティアの9年ぶりとなる新店「ミリオン観音寺店」の2店舗を挙げ、出店地(大阪、香川)の地域事情を交えながら今後の展開を予測した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.