グローバルアミューズメントがセミナー「機械評価研究会」

グローバルアミューズメントは7月16日、都内渋谷区で定例のセミナー、機械評価研究会を開催した。セミナーは同社のニュース配信サービス「データコンパス」の会員であれば無料受講できるもので、ホール関係者約50名が出席した。

セミナーでは同社の青山真将樹代表取締役と冨所芙美コンサルタントが講演した。青山氏はパチスロをテーマに講演するなかで、AT機の性能の把握について解説。「ゲーム当りの純増枚数が多ければ出玉感があるだろう」といった印象で評価するのではなく、疑似ボーナスとAT突入率からATの初当り確率を算出し、ゲームあたりの純増枚数も考慮しながら、AT性能を把握しておく重要性があると指摘。「AT初当り確率が甘い一方で、純増枚数が多ければ、ATの上乗せ期待度や継続率を低くしなければバランスが取れない。メーカーが全ての設計値を伝えてくれるわけではないが、分かる数値からAT性能をできるだけしておかなければ、機械選びに失敗する」などと語った。

冨所氏は「笑顔・しぐさ講座 トレーナー編」と題して講演。笑顔の作り方と身振りで社内の活力を高めると共に、ポジティブな雰囲気を作るリーダーとしての仕草について、グループワークを交えながらレクチャーした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.