ニラクが啓発週間に合わせて「依存対策啓発セミナー」 を開催

福島県を中心に店舗展開するニラクは5月15日、郡山市男女共同参画センター「さんかくプラザ」で、無料セミナー「依存対策啓発セミナー~パチンコ依存を知り、依存対策について考える~」を開催し、依存問題に関わる有識者や依存対策に関心のある一般から49名が参加した。同社では「ギャンブル依存とはなにか」や「パチンコの依存問題とその背景」について、地域の人々がこれからの対策のあり方を話し合える場を提供することを目的として、5月14日から20日の啓発週間にあわせて開催した。
 
セミナーは2部構成で行われ、第一部は認定NPO法人ワンデーポートの中村努施設長がパチンコ依存対策の過去・現在・未来について講演。「ギャンブル依存の対策は、一人一人の中にきっと答えがある。地域や身近な方々がその人の幸せを考え、一人一人それぞれのニーズや課題を考えたりすることが依存の対策だと思う」と身近な事例を交えながら解説した。第二部は、浦和まはろ相談室の高澤和彦代表をコーディネーターに、司法書士の稲村厚氏、郡山市社会福祉協議会の柳内祐一氏、JGブロス代表でパチンコ研究家の丈幻氏、ニラク法務部カスタマーセンターの吉田ひろみ氏がパネリストとして登壇し、依存問題に関わるさまざまな立場から、今後の対策のあり方について意見交換を行った。
 
セミナーを総括したニラクの大石明徳取締役は、「当社はギャンブル等依存問題への対策をホール企業の社会的責任と考えており、基本方針である『責任ある遊技』を掲げて依存対策に取組んでいる。今後もギャンブル依存症は病気ではなく、ギャンブル障害であると捉え、積極的に取組んでいきたい」と語った。参加者からは「家族が依存症だが、なかなか相談できるところがなく、行政に相談したところこのセミナーを案内された。参加してみて気づくことが沢山あった。これからも地域にこのような場や相談できるところがあるといい」などのコメントが寄せられたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.