今後のパチスロ営業をテーマに4人の講師が対応策をレクチャー

グローバルアミューズメントは12月18日、都内品川区の同社本社で、転換期を迎えている今後のパチスロ営業に対して、どのような戦略で臨むべきかを主なテーマとしたセミナー「S1グランプリ2020」を開催した。

当日は、PSトータルサポート代表取締役北野良氏、グローバルアミューズメント代表取締役青山真将樹氏、エスサポート代表取締役三木貴鎬氏、Re.design代表取締役小野真二郎氏の順で、4人のコンサルタントが登壇。それぞれの視点から6号機市場で生き残っていくために必要な考え方をレクチャーした。

このうち、エスサポートの三木氏は、これまでにリリースされた6号機の業績を踏まえながら、設定運用のポイントについて言及。「6号機は5号機と違い、設定6でもプレイヤーが満足できる出玉率とはいえない。そうであるなら、無駄に設定6を使うよりは、その分設定5を増やして営業の主軸にすることで、他の設定を活かすといった方法もある」というオペレーションを提案した。

また、Re.designの小野氏は、6号機の中古機市場に対する注意点を指摘。「大量買いで、売却できるような資本力を持つホール企業は限定される。来年は、基本的に実力以上の価格がつくケースが生じやすいので、6号機の中古機価格が下がるのを待つことはやってはいけないことの一つ」とし、新台調達においても、1年間は使えるタイトルと設置台数を慎重に検討する重要性を呼びかけるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.