遊技産業未来研究所がセミナー、新規則機の稼動重視運用を推奨

遊技産業未来研究所は10月24日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで定例のセミナーを開催した。当日は、PRC社長の中田藤生氏、ソニー生命トータルライフコンサルタントの猪野塚伊彦氏、遊技産業未来研究所代表の中野忠文氏がそれぞれ講演を行った。

第1部で登壇したPRCの中田氏は、「遊技心理と好印象の因果関係に関する考察」をテーマにレクチャー。そのなかで近々の課題である旧規則機の検定・認定期限が順次切れていく年末以降の入替え戦略について中田氏は、「はじめはどうかと思ったが、今はベニア覚悟の情勢になっている。このうえ来年の東京五輪によって入替え自粛期間が発生するとより厳しい局面が加速するだろう」とし、人気高射幸性機の撤去などによる売上減対策として、より細かくターゲットを絞ったペルソナ的マーケティングを提唱するなどした。

一方、第3部で講演した中野氏は、直近の営業データを基に議論を展開。ビッグタイトルとして導入された新規則機の多くで、稼動重視の運用がなされていない状況に懸念を表し、今後の新規則機について、「育成が必要なのは当たり前だが、行われていない事実がある。プレイヤーの勝率をもっと意識した運用が必要で、適正に扱うことで自ずと稼動が得られるのではないだろうか」と述べ、稼動を重視した新規則機の運用スタイルを呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.