同友会がアンケート調査 新台への参画意識、想定より低い結果に

同友会の賛助会員で組織するホールサポート委員会・設備関連チームは、このほど会員企業を対象に実施したアンケート調査をまとめ、5月21日に行われた定時社員総会において発表した。アンケートに答えたのは同友会正会員49社・3,560名、賛助会員61社・1.652名の合計110社・5.212名。設問は49問。
 
参加実態の調査では「普段の遊技の中で新台を好んで打ちますか?」との設問で、「打つ」と答えた人が17.8%(619人)、「たまに打つ」が43.6%(1.521人)、「打たない」と答えた人が17.8%(620人)、「空いていたら打つ」が20.8%(727人)という結果となった。設問の意図は新台に対する期待感を調査したものだが、積極的なのは「打つ」と「たまに打つ」を合わせて61.4%に留まっている。この数字についてホールサポート委員会では「新規遊技台に対する参画意識が想定していたより低い」と受け止め、新台に頼らない営業方法で集客を上げる、もしくは新台の集客効果を回復させるため、魅力ある遊技機を開発するなど、新たな集客対策が必要ではないか、と提言している。
 
また、「業務をより快適にするために改善すべき点は?」という設問には1,912人が「空気環境」を挙げ、1,154人が「労働内容」(玉運びなど)を挙げた。以下「音の環境」(台の音量、インカム)「営業時間」と続いた。スタッフの業務環境については、会員企業ごとに異なるものだが、1位と2位に挙げられている課題はノンユーザー側のパチンコをしない、あるいは止めた理由と関連付けられるところでもあり、「改善できるものから改善していくべき」としている。

アンケート調査を実施したホールサポート委員会の設備関連チームでは、今回の結果を深堀りしながら、業界発展に貢献できる設備、アイテムを企画・提案・開発・発信していしていく考え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.