補給組合総会、発給件数は4年連続で1,000件割れに

遊技場自動補給装置工業組合は5月30日、名古屋市内の遊技機会館において通常総会を開催し、昨年度の玉補給関連工事件数を示す許諾証発給件数が対前年比25件増の886件だったことを報告するなどした。
 
総会冒頭で挨拶した梁川誠市理事長は、工事件数が4年連続で1,000件以下となったことには、「機械代に(予算を)取られて設備のほうにお金が回らないという声だったのが、いまや機械も買えない状況になっている」と分析し、遊技人口の減少をその原因として挙げた。

補給機関係の特許に関して、越年する係争事案が就任以来初めてなかったことを「喜ばしいこと」と表現し、組合員の協力に感謝した。さらに、5年ぶりにコンピュータ部会を開催することにも触れ、貯玉・再プレーの乗り入れ機能について話していくとした。なお、梁川理事長を議長に選出して進められた議案審議では、上程された案件は全て可決・承認された。
 
来賓として臨席した日工組の中川尚也事務局長は、遊技市場の縮小やファン人口の激減など業界が危機的状況にあるとの認識を示した。ECO遊技機については「行政からは、ホール団体の理解同意が前提と言われている。何度か説明会を開催し、理解を得られる段階となっている。全日遊連の新体制では同意してくれると思う。それをもって警察庁へ持っていく段階だ」とした。遊技機総合管理センターを今年4月に開設し、遊技機のチップ開発は済んでおり、試作機も完成しているとの現状を説明。そのうえで「磨きカセットは補給組合にお願いしたい。市場にとっては遊技機の選択肢の一つとして活性化に繋げたい」などと、協力を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

ゴトイメージ

日電協がパチスロの不正改造ゴト被害を集計、約6年半の被害総額は推計280億円に

2019/2/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年2月号

2019-2
主な記事:

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.