PAAが10月定例理事会を開催

ぱちんこ広告協議会(PAA)は、10月27日に理事会を開催し、会員に向けて業界動向の共有や担当理事によるワーキンググループの活動報告を行った。
 
冒頭の挨拶で大島克俊理事長は、「第6期最初の理事会となるが、改めて今期もしっかり活動していきたい思いを新たにした。8月にMIRAIぱちんこ産業連盟と共催した勉強会を開催したが、MIRAIとは広告規制の見直しについて引き続き議論を重ねているところなので、そうしたことも含めて今後の展開を考えていきたい」と述べた。
 
続いて行われた業界動向共有では、篠原弘志相談役が新規則機の入替えについて「新規則機の設置の普及状況がパチンコとパチスロの間に20%前後の差が出ていると聞いており、特にパチスロの新旧交代の進み具合が非常に不透明な状況になっている。さらにリサイクル選定業者が減少傾向にあり、処理能力の点から野積みが発生するリスクも懸念されている」と分析。また、誤解が先行している広告宣伝規制の緩和については、業界側の姿勢も問われる問題であることから、実現に向けてさまざまな動きをフォローし、アドバイスを行っていく意向を示した。
 
活動報告では、PAA-ADネットワークWGが5期末の結果報告と6期の計画について報告。新年度は、年末商戦に向けての新たなパッケージ企画を検討していくほか、固定費の見直しなどを含む方針変更を実施するとした。広告・宣伝WGからは、広告動向と意識を調査する「ぱちんこ産業広告動態調査-2021年版」の取りまとめを行い、11月の理事会で発表する予定であることが報告された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.