パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は1月17日、都内のTKP上野駅前ビジネスセンターで、新卒採用における手法やトレンドなどを、基調講演や参加者同士の議論を通じて学ぶ、新卒採用情報交換会を開催した。同会は、2012年から毎年開催されており、今回が12回目となる。PCSA加盟企業の人事・採用担当者19人が参加した。

当日は基調講演として、株式会社パフの田代明久専門役員が、「学生・企業の動きが激変!2021年採用のトレンドから考える新しい集客&採用手法」と題し講演。大学3年の夏からインターンシップが開始され、インターンシップは大企業の8割が実施するなど、就職活動の早期化が定着している現状を解説した。

また、採用側の変化として、就職サイトや就活イベントなどのように多く集めて残す、従来型の「マス採用」から、ターゲットとなる学生を集めて、大切に育てながら採用する「個にフォーカスした採用(ダイレクト・リクルーティング)」へ転換する企業が増加していることをレクチャーするなどした。

会を主催したPCSA人事問題研究部会リーダーの志賀健太郎氏(ニラク人財開発部人事労務グループマネジャー)は、「業界の新卒採用の難易度は年々高くなっていると感じる。人事部会としては、採用担当者同士の情報共有の場として活用され、効果的な新卒採用の一助になれば幸い」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.