超パチ全景日遊協の超パチンコ・パチスロフェスティバル2019制作委員会は、千葉の幕張メッセで4月27日と28日に開催されたイベント「ニコニコ超会議2019」に、「超パチンコ&パチスロフェスティバル@ニコニコ超会議2019」と題してブース展開した。

ブースでは、8メーカーから11機種14台が設置された最新パチンコ・パチスロ機の試打コーナーをメインに、依存問題を取り上げた冊子の配布、パチンコの大当りの仕組みを体感する巨大ガラポンなどを設置。大勢の来場客で終日賑わいを見せた。

初日にブースを訪れた日遊協の庄司会長は取材に対し、「秋葉原で2月に開催されたみんなのパチンコフェスの流れのなかで、連れパチの拡がりというか、コアユーザーがノンユーザーを連れてきてもらえればこの企画は成功。やはりコアユーザーは、新台に対する好奇心が高く、興味を抱いてもらっており、そういった人に新しい人を連れてきてもらうのが一番」と期待感を表した。

また日遊協・遊技機委員会の内藤裕人委員長は、「今年はスペースは小さいが、ドワンゴ主催の企画ブースにカテゴリー協賛できた。それによって、幅広い層のイベント来場者に対し、ついでに寄ってもらう環境が作れたので非常に良かった」と手応えを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.