大阪府が休業要請に従わない6店舗を公表

大阪府の吉村洋文知事は4月24日、新型コロナウイルス特別措置法に基づき休業要請に応じないパチンコ店6店を大阪府ホームページおよび府庁での会見で公表した。同法に基づいて施設名を公表したのは全国で初めて。
 
公表されたホールは大阪市の「丸昌会館」、「だるま屋」、堺市の「P.E.KING OF KINGS 大和川店」、「HALULU」、「ザ・チャンスα」、枚方市の「ベガス1700枚方店」の6店舗で、吉村知事は新型コロナウイルス蔓延防止のため、「こちらのパチンコ店に行かれないように感染拡大防止にご協力をよろしくお願いいたします」と府民に呼びかけた。
 
報道によると、府内のパチンコ店約700店舗のうち、緊急事態宣言以降、自主的に休業するホールがあった一方、117店舗については多くの通報が府民から寄せられていた。吉村知事は6店舗のほかに他の28店舗についても公表の手続きを行っていることを明かしながら、「専門家の意見を踏まえて感染リスクが高い大型の施設がひとつのポイントになる。通報を受けたら電話でお願いをして、それでもダメなら文書でお願いして、さらに応じていただけなければ、法律に基づいて今週末に公表を実施することになる」と話した。
 
大阪府では緊急事態措置によって、4月14日から感染の拡大につながるおそれのある府内の施設に対して、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく、施設の使用制限等の協力を要請。休業要請に応じず、営業を続ける府内の11店舗に対して、文書による休業要請を行い、要請に応じなければ公表対象とする方針を通告していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.