緊急事態宣言でパチンコ店へも時短要請か

政府が7日に決める首都圏の1都3県を対象にした緊急事態宣言で、東京都が実施する措置の原案にパチンコ店に対しても午後8時までの時短要請を行う考えが盛り込まれていることをTBSが報じた。

JNNが入手した措置の原案によると、午後8時までの営業時間の短縮要請を行う施設は飲食店や喫茶店、キャバレー、ナイトクラブ、カラオケボックス、ライブハウスなど。マージャン店やパチンコ店、ゲームセンターなどの遊技場にも午後8時までの時短要請を行うという。都は現在、国と調整をしており、最終的には7日に予定している対策本部会議で決める方針だと伝えている。

1都3県を対象とする緊急事態宣言に関する具体的な措置の内容について、政府は7日に諮問委員会に意見を求め、国会に報告した上で対策本部を開いて決定する。緊急事態宣言は1月8日から2月7日までの1カ月間。政府は、飲食の場での感染リスクの軽減策など、限定的な措置を講じる方針だとする報道もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.