NEXUS、グループ初の売上高3,000億円に

NEXUSグループは中核会社であるNEXUSホールディングス株式会社の子会社2社、NEXUS株式会社と株式会社パラダイスの前年度決算を発表した。

 

NEXUSの売上高は前年対比104・8%となる2,609億円、営業利益は同163・1%の62億円だった。同社は2018年8月に「Dステーション神栖店」を、同12月に「Dステーション仙台コロナワールド店」を出店。厳しい業況のなかで展開した事業拡大と営業費用の減少(前年対比95・6%)によって増収増益を達成した。一方、パラダイスは3月期決算で売上高が654億円、営業損失として14億円を計上。これにより2社の合計売上高は3,263億円となり、グループ合計の売上高が初めて3,000億円を超えることになった。

 

今期の見通しとして同グループは「高射幸性遊技機の撤去による入替え、禁煙化に関わる喫煙場所の設置など多額の設備投資が予測され、営業利益の確保を継続することが喫緊の課題」としながら、数店舗の新規出店を継続して事業規模の拡大を図っていく、としている。なお、創業25周年となる今期はグループ全体で売上高3,600億円、営業利益60億円を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.