エンビズ総研DI値、PS共にマイナス域に

エンビズ総研が四半期毎に行っているパチンコ景気動向指数(DI)調査の結果を発表した。調査は6月17日~7月3日に行われたもの。

業界全体の景況感を示す「全般的業況DI値」は前回の3月調査から30.7ポイント下落したマイナス36ポイントとなった。30ポイントを超える大幅下落の背景にあるのはパチスロの低迷で、「パチスロDI値」は前回の14.5ポイントからマイナス19.2ポイントへ、33.7ポイントも悪化している。一方のパチンコも前回のマイナス21.1ポイントからマイナス31.1ポイントに下落している。パチンコDI値は数年間マイナス域のままとなっており、パチスロの景況感が悪化すると、共倒れの状況となり、全体を押し下げる構図となっている。

3ヶ月後の見通しについては、いずれも今回より数値は上がっているが、盆商戦を考慮して、この見通しが上がるのは例年の動き。次回の9月調査でどこまで数値が上がるのかが、例年稼動が低迷する秋枯れの時期の厳しさを占う意味でも注目される。

また、DI調査では毎回「トレンド・ウォッチ」として、旬のテーマを取り上げているが、今回はアルバイト・パートの確保について調査した。「アルバイトの充足状況」では、「非常に不足」の16.4%と「やや不足」の49.1%を合わせて、65.5%がアルバイト不足とした。不足の理由については、「応募者が少ない」という回答が57.5%と最も多かった。その一方で、採用基準については58.5%が「緩和していない」と回答している。

若年層の不足が、アルバイト不足に直結しているが、かといって採用基準を安易に下げるわけにはいかないという、難しい状況が窺える結果となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.