メイドインサービスが今後のパチスロ営業をテーマにセミナー

パチスロ営業支援などを手がけるメイドインサービスは2月26日、都内台東区のホテルパークサイド上野で、商品説明会およびパチスロ営業をテーマとしたセミナーを開催した。

セミナーでは同社の飯田信一氏が、パチスロの市場動向を分析しつつ、様々な営業ノウハウを提案した。そのうち、バラエティの強化方法についてレクチャーした飯田氏は、複数タイトルが設置されたバラエティ島を、1つのタイトルで構成されたものとして管理する考え方を示しながら、稼動上昇に向けた一つのアイデアを披露。「顧客の信用を上げるためには設定を使う必要がある。例えば20台のボックス島なら、毎日全台設定を打ち直したうえで、設定6を最低でも1台以上投入する。それによって、設定6という宝探しをしてもらう環境を作ることができる」と述べ、さらにその高設定が伝わりやすい機種ラインナップで島を構成することが重要だとした。

また商品説明会では、同社の水谷圭介氏が同社の設定シミュレーションソフト「Mode Master Pro」およびパチスロ運用サポートの「AS system」を紹介。これらシステムを用いることで、効率的なパチスロ運用が可能となる優位性を、導入実績を示しながらピーアールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.