中小規模店の生き残り策を提案

船井総研は5月23日、都内品川区の五反田オフィスで「大型店に出店されても250台~400台のお店が業績アップ」と題したセミナーを開催。当日は同社上席コンサルタントの吉田絋樹氏、チーフ経営コンサルタントの徳村英志氏、新井智海氏、経営コンサルタントの成田優紀氏の4名が講師を務めた。
 
吉田氏は、中小規模店が業績を向上させるための施策として競合との差別化に繋がる部分に投資を集中し、得意とする機種や貸し玉料金の市場占有率を高めていくことが重要だと語った。機械戦略上で重視すべきポイントとしては、パチンコは定番機種の育成や導入の正確さ、増台タイミングに注意を払う必要があるとしたほか、パチスロは新台に顧客が移動していく傾向が強いとして、自店の規模に合わせた適正台数を無駄無く購入することが重要だと述べた。
 
徳村氏は、商圏内における自店のポジショニングの把握とジャンルの選択、集中を徹底することが大型店との差別化施策として有効だとしたほか、新井氏は、1パチや5スロ などの低貸し玉は市場で飽和状態にあり、たとえ低貸し専門店であっても地域に1000台クラスの出店があった際には大型店の低貸しコーナーと規模的にバッティングしてしまう場合があると指摘。差別化のために0.5円や2円パチンコ、10円スロットなどを組み合わせた多レート戦略で既存の1パチ、5スロから脱却し、市場の隙間を狙うことで店舗の強みを創出することが可能になると述べた。
 
成田氏は、一般景品の充実による大型店との差別化施策を提案。季節のイベントや祭事に合わせたアイテムやテレビショッピングなどで話題になっている商品を取り扱ったことで大幅な利益改善を実現した事例などを紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.