CFYが遊技機運用をテーマに無料セミナー、遊技客へのスペック周知の重要性を指摘

CFYセミナー全景ホール向けに特化した広告代理店事業を展開している㈱シー・エフ・ワイ(千葉県柏市、梶川弘徳社長)は8月27日、都内台東区のオーラムで遊技機の運用をテーマとした無料セミナーを開催し、多数のホール関係者が受講した。

3部構成で行われた当日のセミナーには、TKC代表の高橋正人氏、わくわくランド代表の涌嶋士郎氏、リスペクトマインド代表の武内臣介氏、シー・エフ・ワイ代表の梶川弘徳氏が登壇。それぞれ得意とする分野の視点から遊技機の活用手法などを解説した。

このうち高橋氏は、集客貢献や稼動貢献といった遊技機調達における指針に対する考え方を説明するとともに、ホールスタッフがスペックや特徴を理解しておくことの重要性を指摘。「例えば、遊技客のなかにはST機を知らない人もいる。ループタイプだと思って遊んでいた機種の確変が終わってしまったことに疑問を感じたとき、スタッフがその理由をきちんと話すことができれば、店に対する安心にも繋がってくる」と述べ、スペックが多様化していることを背景に、不安感なく安心して遊んでもらえる環境を整備する必要性を呼びかけた。

一方、遊技客の行動分析を示した梶川氏は、独自アンケートの結果として、入店したときに遊ぶ機種を決めていない人が半数以上いたことを報告。さらに、その9割ほどが遊技機のスペックを理解していないとした。そのことから、遊技機活用方法の一つとして、同社が制作したスペックやゲームフローのPOPを紹介しながら、「遊技機のスペックやゲームフローなどを分かりやすく伝えるPOPは大切。これが無いとホールの気持ちも伝わってこない」と語り、遊技客に対する機種プロモーションを仕組み化しておく手法を推奨するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.