コンテンツビジネスの総合展示会「コンテンツ東京2020」開催


コンテンツビジネスが一堂に会する総合展示会「コンテンツ東京2020」(主催・リードエグジビションジャパン)が10月21日から23日までの3日間、マスク着用、検温、手指消毒、入場人数制限など、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底したうえで開催され、会場となった都内有明の東京ビッグサイトには2万人以上が足を運んだ。

コンテンツ制作、映像・CG制作・広告デザイン・ブランディング、権利・IT・最先端デジタルテクノロジーなど全7展から構成された今回の展示会では、新型コロナ禍に伴う新たな生活様式を意識したサービスや商品が数多く披露された。とりわけ、SNSや動画配信などを通じた、コンテンツ制作やマーケティングを紹介するブースなどに来場者の高い関心が寄せられていた。

コンテンツ関連では、業界でも多くの遊技機とタイアップしているカプコンがブースを設けたほか、様々なターゲット層に対応するアニメやご当地キャラクター、海外のキャラクターなどが数多く出展。さらに会場では、ライセンスビジネスとして最も活躍したキャラクター・プロパティに贈られる「日本キャラクター大賞2020」(主催・キャラクターブランド・ライセンス協会)のグランプリに、現在公開中の映画が、記録的な大ヒットとなっているアニメ「鬼滅の刃」が受賞したことも紹介されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.