シーズが新型コロナ対応の調査、コスト削減は「新台購入費」で

パチンコ業界に特化したマーケティング調査を行うシーズは、このほど全国のパチンコホールを対象とした「新型コロナウイルスに関する全国パチンコ店調査」を実施した。
 
調査は、新型コロナ禍で定着した遊技者の感染への不安やパチンコのイメージ低下を解消し、ホールが行う感染予防対策への取組みなどの正しい情報を発信する目的で実施。期間は7月6日から12日まで、WEBアンケート形式で行われ、遊技客や従業員に向けた感染予防対策のほか、感染流行前と比較した店舗の稼動状況、今後のコスト削減策など6項目について、ホール運営に携わる関係者ら912のサンプルを得た。
 
遊技者へ向けた新型コロナウイルス感染予防対策では、マスクの着用や入口、店内での消毒設備、遊技機をはじめとした共用部分の消毒など、営業時の飛沫・接触感染予防と集団感染の共通点に該当する項目が高い結果となった。従業員へ向けた感染予防対策では、「マスクの着用」「手洗いや消毒の徹底」「マスクの配布」「体調の確認」がいずれも90%以上だった。特にマスクは着用の徹底が98.5%で最も高かった。
 
新型コロナ流行前と比較した店舗の稼動状況については、全体で「3~4割減少」が62.6%で最も高かった。営業面での不安要素については、「来店客の減少」「売上の維持」が高い数値を示し、「従業員への感染」「店舗でのクラスター発生」なども8割を占めた。また、休業時の資金状況については、「しばらく問題ない」が50.8%で最も高く、「厳しい」「かなり厳しい」の合計は32.2%だった。長期の休業要請で厳しい対応が迫られた給与支給では、74.1%が「全額支給」と回答しており、アルバイトへの対応などを含めて「一部支給」は20.8%に留まった。
 
さらに、今後のコスト削減予定項目では、「新台の購入費」が最も高く87.4%だった。店舗側と本社側の回答では削減項目に違いがあり、店舗側は「設置台数」「広告宣伝費」「人件費」といった営業に関する項目、本社側は「コンサル等の外注費」「研修・セミナー費」「地代・家賃」など、運営に関する項目が高くなる傾向が見受けられた。
 
調査をしたシーズでは、「緊急事態宣言の解除後、再び新型コロナウイルスの感染者数は増加傾向にあり、ホールの継続的な感染予防対策が望まれるところだが、対策が行われていてもその取組みが一般遊技者に浸透していない。メディアを通じて、今回の調査結果をもとにしたホールの取組みを発信してほしい」としている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.