メディアシステムが客数分析システムの有効活用をテーマにセミナー

客数のクラウド型情報分析システム「エンタープライズ」を展開するメディアシステムは11月8日、都内中央区のベルサール東京日本橋で「現場でデータを活用する」と題した特別セミナーを開催、100人近いホール関係者が会場に足を運んだ。

当日の講師には、船井総合研究所チーフ経営コンサルタントの島田雄一郎氏と、トビラアケル代表の小島信之氏を招へい。船井総研の島田氏は「商圏分析」、トビラアケルの小島氏は「機種分析」をテーマにそれぞれ講演を行った。

そのうち小島氏は、エンタープライズの客数データを用いた新台調達の判断についてレクチャー。「最新台を導入し、機種構成を良くするためには、最短3日で増台の決定発注を行えば2週間後には増台が完了する」とし、メーカー在庫も踏まえた素早い増台判断の必要性を強調するとともに、増台対象として、高値転売が可能でコストリスクが少ない甘デジの優位性を指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.